top of page
  • Writer's pictureKaori

『簡単&かわいい』イースター・アートオススメの5選








こんにちは!


゚・*:.。..。.:*・゚

アート&コーチングで『HOME』を整える

・*:.。..。.:*・゚゚

おウチとこころ。 どちらも自分の大切な居場所だから。 もっと居心地の良い場所にしていきましょう♡

アートフルライフ・コーチのロックウッド香織です。



日本では、まだまだクリスマスやバレンタインのようにメジャーなイベントじゃないイースター。



でも、かわいいイースター・バニーや、エッグ・ハントなんかのイメージは知っている人も多いのでは?



実は、イースターの祝日は、毎年違う日に当たります。 それは、春分の日から数えて最初の満月のある週末の金曜部から月曜日が祭日になるからです。


キリスト教の大事なお祭りの一つで、日本語では『復活祭』と言ったりしますね。



というのも、『イースター・フライデー』という金曜日が、キリストが十字架にかけられて亡くなった日で、その2日後の道曜日にキリストが復活したと言われているからです。



なので、敬虔なクリスチャンたちは、この『イースター・フライデー』には、『血』をイメージさせる動物性のお肉は食べないようにしています。



オーストラリアでは、「お魚ならいいでしょ?」ということで、ファーストフード的な人気のフィッシュ&チップスを食べる人が多いのも、面白いところ。



私も、オーストラリアに来て初めてのイースターは、何が何だかチンンプンカンプンで、ホストファミリーに言われるがままに、フィッシュ&チップスを食べてました 笑



実は、私も