• Kaori

『簡単&かわいい』イースター・アートオススメの5選








こんにちは!


゚・*:.。..。.:*・゚

アート&コーチングで『HOME』を整える

・*:.。..。.:*・゚゚

おウチとこころ。 どちらも自分の大切な居場所だから。 もっと居心地の良い場所にしていきましょう♡

アートフルライフ・コーチのロックウッド香織です。



日本では、まだまだクリスマスやバレンタインのようにメジャーなイベントじゃないイースター。



でも、かわいいイースター・バニーや、エッグ・ハントなんかのイメージは知っている人も多いのでは?



実は、イースターの祝日は、毎年違う日に当たります。 それは、春分の日から数えて最初の満月のある週末の金曜部から月曜日が祭日になるからです。


キリスト教の大事なお祭りの一つで、日本語では『復活祭』と言ったりしますね。



というのも、『イースター・フライデー』という金曜日が、キリストが十字架にかけられて亡くなった日で、その2日後の道曜日にキリストが復活したと言われているからです。



なので、敬虔なクリスチャンたちは、この『イースター・フライデー』には、『血』をイメージさせる動物性のお肉は食べないようにしています。



オーストラリアでは、「お魚ならいいでしょ?」ということで、ファーストフード的な人気のフィッシュ&チップスを食べる人が多いのも、面白いところ。



私も、オーストラリアに来て初めてのイースターは、何が何だかチンンプンカンプンで、ホストファミリーに言われるがままに、フィッシュ&チップスを食べてました 笑



実は、私も夫も全然宗教的習慣に関しては無頓着なので、昨日は、なーんも考えずにビーフシチューを食べちゃったんですけど 汗



でも、子供が楽しみにしているイースター・バニーのエッグハントだけは別。



息子は今6歳ですが、クリスマスのサンタさんと同じくらい、イースターバニーが土曜の夜にやって来て、卵型のチョコレートを隠して言ってくれるのを心待ちにしているんです♡



日本のバレンタインのように、オーストラリアでは、『イースター=チョコレート』と言っても過言ではないくらい、卵型のチョコレートを拾い集めるエッグハントのイベントは、例年あちこちで開催されています。



でも、今年は、外出制限のためそれもなし。



だから代わりに、と言っては、子供には物足りないかもしれないけれど、 今年はたくさんのイースター・アートをお家でやりました!



私が子供とするアートやクラフトは、『子供はワクワク&ママは省エネ』そして、『実用性が高い』を常に心がげているので、今回のイースター・アートも、簡単にできてかわいいものを選りすぐっています。










今回も大活躍のマステ。



台紙の上にカラフルなマステを貼ってから、 卵やウサギの形に切り抜いた紙を上から重ねるだけ。


マステを貼るところはお子さんでも簡単にできます。 上に貼る形の目印に、うすーく鉛筆で下書きしておいてあげると、 どこに貼ればいいのかわかりやすいですね。




こんな感じです

いつもながら、簡単だけど、出来上がりの見た目にこだわっているので、 「えー?!これ、作ったの?!かわい〜♡」って言われること間違いないですよ♡









こちらも、かなり簡単だけど、見栄えが良いです。



切れ目を入れて、

違う色で塗るだけ。



お子さんは、切れ目なしで一色のスタンプ

→ペンなどで模様つけ



が簡単だと思います💕👍






クッキー型を使って、ウサギさんなどをくり抜いてもかわいいです♡



その場合は、



お子さん→クッキー型を押すところ

お母さん→周りを少しだけ包丁で切って真ん中を高くする



というふうに、共同作業でやるといいと思います。



自分でやった方が断然早いんですが、

『見守りながら一緒に楽しむ』スタンスをできるだけ取ることが重要。



もちろん、お子さんの能力や年齢にもよるので、 何でもかんでもやらしてあげると、 こちらもイライラして来て本末転倒なので、



『ママもイライラしないで、できるだけ一緒にできる』ラインを見極めつつ、 お膳立てするところはして、楽しみながらできるといいですね。











用意するものは、

白いクレヨンと、お好きな水彩用絵の具のみ。



卵型に切った紙に、白いクレヨンでまず模様を描いておきます。 クレヨンがなかったら、ろうそくの後ろとかでもできます。





お子さんにやってもらってもいいし、 あまりぐちゃぐちゃにしちゃって、色を塗るところがなくなってしまうような年齢だったら、お母さんがやってあげるといいと思います。



そのあとは、上から水彩絵の具を塗るだけ‼️


白い模様がハッキリくっきり 浮き上がってきます。 超簡単な割に可愛いので お家に飾ってみてね💕 もちろんママも 子供が楽しんでいるスキに 自分の好きな模様で遊んでみてください❤️












こちらは、以前こちらの記事でご紹介した、鉛筆スタンプの応用です。



鉛筆の後ろの部分に付いている消しゴムを、 ウサギの形に切った型紙の上から、ぽんぽんと押しただけ。



今回は、消しゴムを形に切ったりせず、 そのまま使っています。







テンプレートの工夫次第で、どんな行事やイベントの時にも使えて、可愛く見えるこの技。

知っておいて絶対損はありません!













またまた登場! 我が家では、トイレットペーパーの芯が、アートに大活躍 笑



今回は、以前ご紹介したトレペスタンプで イースターバニーを作ってみました💕


芯は、真ん中の顔の部分と、お耳の 2本必要になります。  描いた方が早い気がするけど😂 子供はスタンプ好きなので。  いろんなバニーちゃんを作ってみてくださいね!










いかがでしたか? 日本ではあまり馴染みがないイースターかもしれませんが、 お子さんも、きっとかわいいウサギちゃんは大好きなはず!



一緒にイースター・アートを楽しんでみてくださいね♡




ご紹介したような、アートやクラフトの写真をまとめています

Blank Canvas のInstagramもよろしく♡>




もっと軽やかに、自分らしく。

自分も周りも大切にしながら理想の生き方を手に入れたいあなたへ




身も心も軽やかに♡

ビジュアルから思考まで、

自分らしいライフスタイルを手に入れるための

アートフルライフ・メールマガジン





My Style 創刊特別号(無料ダウンロード)


モノクロな日常に、彩と心のゆとりを取り戻せる 


【マインドフルプチアート&インテリア講座】

 











<こんな人にオススメです>

・アートなどのクリエイティブなことが好きだけど、いつも言い訳してできてない

・もっと日常にクリエイティブな時間を取り入れたいとおもっている

・アートは難しい&苦手、向いていないと思っているけど、なぜか諦めきれない

・好きなことをやりたいのに、時間がないと感じる

・趣味はお金や時間の無駄と言われてしまうし、そう思ったらできない自分がいる 

​・本当の自分のパッションを感じる時間を取り戻したい





アートフルライフ・コミュニティ

日常に、アートなワクワク時間を取り戻す


ちょっとした隙間時間にできるクラフトやアートのコツ、

知って楽しいアートの豆知識や子供と一緒にできるアート、 その他アーティストとの役にたつ対談まで 楽しくシェアしています





アートフルライフ・コーチ

ロックウッド香織



0 views
Email: blankcanvasjp@gmail.com
Tel: +61 420 970 306
Melbourne, Australia 
  • White Facebook Icon
  • White Instagram Icon

© 2020 by Kaori Lockwood. Proudly created with Wix.com