Email: blankcanvasjp@gmail.com
Tel: +61 420 970 306
Melbourne, Australia 
  • White Facebook Icon
  • White Instagram Icon

© 2019 by Kaori Lockwood. Proudly created with Wix.com

  • Kaori

自分の中にあるイライラ&モヤモヤの本当の意味がわかったら、前向きになれた事件

#トラストコーチング #マザーズコーチング #パートナーシップコーチング #コーチング #オーストラリア #メルボルン #ロックウッド香織 #コミュニケーション能力 #自分と向き合う#周りの人を大切にできる #学びを生かす #自分いじめ #パッションの見つけ方 #人生の目的


こんにちは! Artful Life Coachとして、ありのままのクリエイティブな自分を受け入れて、自分も周りも大切にしながら、創造の喜びに溢れた人生を歩んでいきたい人を応援しています、ロックウッド香織です。


今日は、このブログ、 息子のプール教室の最中に書いています。



いつも、月の初めには、目標に向かって先月できなかったことや、今できていないことを見直す時間を取っているのですが、先日、おとめ座の新月だったこともあり、さらに、身の回りの無駄をなくし、断捨離&整理整頓&浄化を心がけている本日です。


先週2〜3週間、ずっと、 水泳レッスンの時間が終わってからも1時間ほどは、 息子のプール遊びに付き合う形で、プールサイドでぼーっと 息子を眺めたり、携帯でFB見たりしている時間だったのですが、 やっぱり、めちゃ時間を無駄にしてる!ということが、 自分の中でモヤモヤしていて、息子が楽しんでいる時間を一緒に楽しめていなかったので、

今日は、こういう形で、自分も、息子もハッピーでいられる状態に。



来週は、私も一緒にプールに入って遊んでみようかな、って考え中です。

結局、無駄かどうか?って感じるのは、自分が楽しめていないからなので。


その前に、ビーチ用じゃなくて、ワンピース型のスポーツ水着を 新しく購入しなければ…と。

【事件発生!】


実は、先日、久々に、 もやー!イライラ!!ってする出来事があったんです。


自分の中でもイライラしている感情が、 確実にあるのはわかるのに、なんか、その原因がモヤっとしていて、 腑に落ちていない感じで。

気にしないように意識しても、頭の隅から離れない。



そんなことって、最近はあまりないことだったので、

そのことが、もっと私をモヤモヤさせていたんです。



金曜日に、息子の学校で、父の日のプレゼントを買う売店みたいなのがでていて、 大きな額ではないけれど(1000円くらい)お金を持ってくるように言われていたんです。

お金を封筒に入れ、名前も金額も、ちゃんと書いて、 さらに、息子のお財布に入れて、学校のカバンに入れてもたせました。



その日の午前中には、私は、体育のプログロムみたいなので、 学校にボランティアに行っていたので、

どんなプレゼントが売られているのかも、チェックすることができました。



母の日にも、同じことがあって、

息子は、私のために、竹素材でできたテイクアウト用のコーヒーカップを選んでくれたんです♡

それが、「私の好きなもの、よく知ってるじゃん!」と、すごく嬉しかったんです♡



だから、今回も、「わ〜〜、息子は、どれ選んでくるんだろう??」と、 なんか、自分のことのようにウキウキ&ワクワクしていました。






で、学校が終わる時間に迎えに行って、息子が出てきたので、 「今日、何買ったの?」って、ソッコーで聞いてみました。



そうしたら、

「プレゼント、買わなかった。。。」と、息子。



えーー?????!!!!何で????!!!!



と、びっくりしている私に、息子、

「お金、無くしちゃった。」と。

ガーーーーーーンンン。



今まで、学校の売店で、おやつなど買うときにコインをもたせていたこともあるし、

息子がお金をなくすということは今までなかったので、

私は、一瞬、何で?どうやったらなくなるの??と、

疑問符がいっぱいになっていました。



しかも、2ドルコインやそこらだったら、その辺に落とした、とかあるかもしれないけど、お札とコインを封筒に入れて、お財布に入っていたのに???!!!



すぐに、先生に状況を聞きに行きました。

そうしたら、朝、全員が持ってきたお金を自分の作った紙袋に入れて、 それを持って、売店にプレゼントを買いに行くことになっていたそうです。



息子も、もちろん紙袋を持って、売店まで行ったそうなのですが、 その時点でお金が入っていなくて、探したけど、見つからなくて、 結局、プレゼントは買えなかった、ということでした。



取られたの?!って一瞬思ったのですが、 息子は、「お財布に、紙しか入っていなくて、お金が入っていなかった。」って言ったんです。

その日は、おやつ用のコインも、封筒とは別に、同じお財布に入れていたのですが、「それは、入ってた。」って。



「あれは、ただの紙じゃなくて、封筒だよ?!中にお金入っているって言ったよね?昨日、ここに入れておくよ、って言ったでしょ?覚えてる??」と言ったら、



「あー。」と、息子。

ただの紙しか入っていなくて、一生懸命お金を探した、みたいなことを言っている。



私は、「こいつ、昨日、お金入れたとき、ちゃんと聞いてなかったな〜〜!!」と、事情を把握し、先生に、もう一度、探してみてもいいですか?と、聞きました。



だって、そんな大したお金じゃなくても、お金はお金でしょ?

しかも、教室内でなくなったんだったら、日本だったらえらい騒ぎです。



でも、先生は、「朝、みんなそれぞれがお金をバラバラに出そうとしていたりして、私も大変だったのよ〜。」とか、「プレップの年齢だと、自分でお金の管理するの、なかなか大変よね〜。うちの子は、中学生だけど、この間靴無くして、1週間でてこなかった。」とか、言っている。。。



「いや、そうゆう問題じゃないだろ?!」と、イラっとしつつ、

教室を探していいと言われたので、もう一度、封筒が落ちていないか確認して歩きました。



そして、息子と、息子の友達も探してくれていたのですが、

落ちていた2ドルコインを発見し、

何と、ゴミ箱の中から、5ドル札が入ったままの封筒も発見。。。




先生、「いやー、あってよかったね!」って。

おい!!!!!



あってよかった。

まあ、そうだけど。。。。




【モヤモヤの原因】


それから、家に帰ってからも、

なんか、すごいモヤモヤして、

何でこんなにもやっとするのか、自分でもよくわからない。。。。



お金もあったし、

結局、ちゃんと話を聞いてなかった息子が悪いわけだし。

プレゼントといっても、大したものじゃないし、別になくてもいいわけだけど。。。。



主人が帰ってきてから、

そのことを、話して、

「なんか、解決しているはずの問題なのに、何でかすごいもやっとしてるんだよね。」と、 話しました。



そうしたら、寝る前に、主人がボソッといってきたんです。

「今回は、僕のために怒ってくれてるの?」って。



「え?そうじゃないけど?笑」と、即否定してしまったのだけど、笑

よく考えると、もしかしたら、そうなのかもしれない、って思い始めました。



私は、自分の母の日の経験もあり、

息子が、学校での初めて買う父の日プレゼントを、どんな思いで、どんなチョイスをするのかを、すごく楽しみにしていたんです。



息子が、自慢顔でそれを話す様子を、すでに、すごく楽しみにしていたし、それを聞く主人の様子も、どんな風かなぁ。きっと、私がそれをすごく嬉しかったのと同じように、嬉しいに違いないよね、と、父の日の風景を思い浮かべて、密かに嬉しい気持ちになっていたんです。



そんな息子のワクワクした思いで買い物をする経験や、主人が初めて、息子オンリーの考えでチョイスしたプレゼントを受け取る機会を、奪われてしまった残念さと、悲しさが、モヤモヤの原因だったと気がつきました。



その経験は、お金で買えるものではないし、

この年の父の日は、もう一生帰ってこないのです。



だから、もちろん、ちゃんと話を聞いてなかった息子にも、残念な気持ちになったし、

もっと真摯に対応してくれなかった先生にも、イラっとしてしまったんです。



もちろん、過ぎてしまった出来事は変えられないのだけれど、

自分のモヤモヤの感情の原因がわかったことで、

そのモヤモヤをずっと引きずらずに、



「そっか、そんな自分がいたから、今こんな気持ちになってたんだね。」って、

認めてあげられただけで、すごくスッキリしたし、

その出来事から解放されて、もう、理由がはっきりしなかった時のように、

イライラ&モヤモヤしなくてよくなりました。



【過去は変えられる】



起きてしまった出来事は、変えられない。

でも、自分が、その出来事を、どう捉えるのか?は、変えることができます。



過去に辛かったり、嫌だった経験があっても、 その時、どんな自分が、どんな気持ちでいたのか、を、 改めて感じてあげることで、



その時に悲しんだり、辛かったりした経験をした自分を、 自分自身が癒すことができます。



そうすることで、

ずっと、過去の出来事に引きずられずに、

自分を解放して、前に進むことを許すことができます。



誰かや、起こってしまった出来事を、許す(forgive)するのではなく、 悲しんだり、辛かったりした自分を、そう感じることを許してあげるんです。



心の重りの正体がはっきりして、

自分の中で昇華されることで、

きっと、もっと、自由な自分を取り戻せるはずですよ。