top of page
  • Writer's pictureKaori

私、意外と〇〇だった!

#メルボルン #オーストラリア #コーチング #子育て #トラストコーチング #マザーズコーチング #鏡の中のぼく講演会   

今、3月3日に企画している、『鏡の中のぼく』講演会のために、 チラシを配っていただいたり、お友達にお声がけいただいたり、 講演会のことを少しでも多くの方に知っていただくために頑張っています。



まだ、目標としている参加人数には達していません。 あと3週間ちょっと、全力で駆け抜けたいと思います!


私が、メルボルンでなぜ鏡の中のぼくの講演会を企画&主催しようと思ったのか?



それは、私の地元、東広島市で昨年開催されるはずだった、

幻のかがぼく講演会の存在なしには語れません。



 

その講演会は、西日本一帯を襲った洪水の爪痕をえぐるように訪れた、

大型台風によって開催の中止を余儀なくされました。



私も、地元での開催ということもあり、ずっとその経緯を見守って応援してきたので、とても残念で悔しい気持ちでした。



でも、その講演会を主催し、ずっと引っ張ってきたコーチ仲間の熱意、一途さ、自分や周りの人たちと丁寧に向き合おうとしているその姿勢に、私も、密かに「私も彼女みたいに自分の思いをぶつけて自分の限界を超えてみたい。」と思うようになっていました。



全力で頑張ってきた講演会を、中止しなければならなかったこと。

そのあとのメール対応や返金の手続きなど、悔しさの残る中でもっとも丁寧に対応しなければならなかったこと。

私や他のコーチ仲間も、みんな彼女の後ろ姿にどれだけ励まされ、学ばされたか。



そんな彼女は、さらに自分だけのことだけでなく、なんと、講演会をやってみたいという他の仲間たちのために、自分の経験談や学びを惜しみなくシェアし、今も全国&世界に広がる『かがぼく』大好き仲間たちを引っ張り、『かがぼく』を全世界にお届けする使命に熱く、でも華麗に戦っています!



そんな彼女をみていた全国の仲間たちの心の奥底に、

だんだんと熱い火種が灯っていくのを、私はFBの投稿などを通して感じていました。



 

私は、メルボルンでコーチとして活動していますが、

今時、いくらオンラインで勉強会やミーティングに参加できるとはいえ、

以前は、日本にいるコーチ仲間たちとは、やっぱり少し距離があるように感じていました。



交流会や勉強会や、合宿などリアルで会う機会にはほぼ参加できないし、

なんか、一人で戦っているような気になっていました。



でも、




/

メルボルンで講演会をやります!

\





と宣言した私に、

東広島での講演会を主催した彼女も、