Email: blankcanvasjp@gmail.com
Tel: +61 420 970 306
Melbourne, Australia 
  • White Facebook Icon
  • White Instagram Icon

© 2019 by Kaori Lockwood. Proudly created with Wix.com

  • Kaori

母へ。父へ。

#マザーズコーチング #メルボルン #オーストラリア #感情の浄化 #気づき #満月 #鏡の中のぼく



昨日、フェイスブックにこんな投稿して、いつもメッセージくれない方からもご心配いただいたりして、本当に、ありがとうございます。




ちょっと、かまってちゃんな投稿と思われてたら、痛い。笑

でも、あまりにも疲れちゃったから、めんどくさくなって、長い投稿できなかったの。笑

書きたい気持ちだけはあったのだけど。



この、衝撃の事実。

自分にとっては、ということなので、な〜〜んだ、そんなこと!

と思われるかもしれないけど、みなさんにもシェアしたくて、ブログに書くことにしました。



昨日は、とってもいい天気だったので、ランチを裏庭で食べていたんです。

ぼーっと、空や庭に生えている木々を見ながら、冷蔵庫の残り物を、適当に巻いたチキンラップを、ムシャムシャと食べていたんですね。



そうしたら、急に、はっ!!と思いついたことがあって。

もう、どこからか降ってきたというか、じわ〜っと、それが心の中に広がっていって、そうしたら、居ても立っても居られない気持ちになって、一人で号泣してしまったんですよね。



その時に感じたことを、ここに手紙にして、書き残しておきます。






<お母さん&お父さんへ>



小さい頃から、同居していたおじいちゃんとおばあちゃんにも可愛がられ、しっかり者のお姉ちゃん気質で、結構なんでも器用によくできる子で、共働きの両親の元、愛情いっぱいもらって、全然苦労も知らずに育った、田舎っ子の私。


とっても幸せなはずなのに、なぜかずーっと、寂しがりやで、孤独に敏感なところがあった私。


クラスで、寂しそうにしている子がいたら、声をかけずにいられなくなるタイプ。


記憶にある私は、小学校低学年くらいかな。

怒られたのか、カーテンの陰で、ずーっと泣いている。

泣き止んだのだけど、誰も慰めに来てくれないことが悲しくて、また泣いてしまう。

ずーっと、誰かが、もういいよ、と言ってくれるまで泣いている。


誰かに、私の存在は大切なんだよ、と、言ってもらえるまでずーっと。




お母さんが10歳の時に、お母さんのお母さんは、天国に行っちゃったんだよね。

貧乏で、苦労しながら育った、と、そんなことを、お母さんは言っていたよね。

末っ子で、まだまだお母さんにも甘えたかったけど、きっと、「私もしっかりしなきゃ!」って、ずっとそう思ってきたんじゃないかな。


お父さんは、お母さんの顔も覚えていないんだってね。

お父さんが2歳の時に亡くなったから。

その後、再婚したおじいちゃん。

おじいちゃんは、大きくなる私に、いつも、「死んだおばあちゃんにそっくりになってきた。」って言ってくれたよね。

でもさ、お父さんなりに、本当のお母さんを知らずに育ったことを、色々考えてきたよね、きっと。


私が高校生の時に、おじいちゃんが亡くなって、

どこかの親戚が持っていた、おばあちゃんの写真が出てきて、それを初めて見たとき、

お父さんも、私がそっくりすぎて、衝撃すぎて、泣くどころか笑ってたね。

セーラー服の制服まで一緒で。

ほんと、もっと、勝気で気の強そうな私が、その写真の中にはいたよ。





そんなお父さんとお母さんに育てられたわたし。



二人とも、長女の私が生まれた時、二人のお母さんのことを思ったんじゃないかな。


私がいうことを聞かないで駄々をこねている時、「お母さんならどうしただろう?」と思ったんじゃないかな?

もちろん、答えは想像でしかなかったのだろうけど。


私が10歳になった時、お母さんは、どんな気持ちだっただろう?

ちゃんと生きててよかった、これからも私たちのために元気でいようって思ったのだろうか?


ずっと、手探りで、一生懸命、私たち姉妹を育ててくれていたんだな、と、今、なぜかすごく心にずっしりと感じています。





私の心の孤独は、きっと、二人の孤独の鏡。

二人はきっと、私という鏡を通して、いつも自分自身の母親に対する孤独を感じていたのだね。


私は、ずっと、自分が鏡だったことに気がつかず、幸せなはずなのに、どうして、どこか満たされない気持ちがあるんだろう?と、罪悪感をずっと感じていました。


お母さんの口癖は、「女の子でも、手に職を持って安定した仕事に就くのがいいよね。」だったね。


私が生まれてから、正看護師の資格を取りに行き、60歳で定年してからもまだ、看護師として働いているお母さん。

頑張り屋の、お母さん。


きっと、その口癖は、ずっと自分に言い聞かせていたんだね。


その言葉は、私を突き動かす原動力にもなったけど、時には、人生の選択をする際に、呪文のように私を動けなくしてしまったこともあったの。




でも、その魔法はもうとけてしまったようです。

今、二人の孤独な心に気がついて、自分がそんな孤独の鏡だったことにも気がついたから。


私のこと、妹のこと、自分たちと同じ思いはさせたくないって、愛情をいっぱい注いで育ててくれたこと、ちゃんと分かっています。


「親の気持ちなんて、子供はわからないもんだね…」と、言わせてしまって、ごめんね、って思っています。




私を愛でいっぱいに満たしてくれて、ありがとう。

その愛を、私は今から、愛する家族にも、もっとたくさんの私を信頼してくれる人にも、循環させていきたいと思っています。



香織




後で気がついたのだけど、

昨日は蟹座の満月だったんだそう。



蟹座は家族がテーマ。

その他の星の位置からしても、家族とか仲間とか近い存在との心のテーマで浄化されていないものが、表面化に現れるらしい。


私の尊敬するビジネスウーマンで、愛に溢れるシドニーガイアハウスのまきさんのブログに、そういえばそんなことが書いてあったな。



今回の蟹座の満月、強力過ぎだったわ。







<『鏡の中のぼく』講演会の詳細>  

☆FBイベントページはこちら

☆チケット購入はこちら 【 YouTube無料動画版】

❤︎『鏡の中のぼく』(日本語Ver.) https://youtu.be/kIL0ePsLqLc

❤︎『A Boy In The Mirror』(英語Ver.) https://youtu.be/osuZPIXeA20



【絵本の購入はこちらから】

※講演当日、会場でもご購入いただけます


❤︎ギフトブックス http://giftbooks.shop/kagaminonakanoboku/

❤︎Amazon https://goo.gl/5PUKDn




妻&母&働く私!どんな自分にも手を抜きたくない、頑張り屋さんのあなたへ <今のパートナーシップを見直してさらに軽やかな自分になる>

パートナーシップコーチング講座の詳細はこちら

<子供の自己肯定感を高めるための、ママのためのコミュニケーション講座>

マザーズコーチング講座の詳細はこちら

<家庭と仕事のバランスをとりながら自分らしく夢を実現していく行動力を身につける>

トラストコーチング講座の詳細はこちら



ロックウッド香織 トラストコーチングスクール認定コーチ

マザーズコーチングスクール認定シニアマザーズティーチャー

パートナーアソシエイツ協会認定パートナーシップコーチ