• Kaori

子供を死に追いやらないコミュニケーション

Updated: Jun 15, 2018

#マザーズコーチング #子供の孤独 #独りにしない #鏡の中の僕 



すいません、衝撃的なタイトルをつけてしまったのですが、実は、ちょっと前から考えていたことがあって。


こういう暗い話はいいです、と言う方は読まずに素通りしてください。



私がよく通る道の道路脇のフェンスに、1ヶ月、いや2ヶ月くらい前からかな?お花が飾ってあります。


事故か…と一瞬思ったものの、そこは直線道路で、どう見ても事故をするような場所ではなく、フェンスにも事故の後のような傷はありません。


そこはちょうど、道路が高速道路の上をクロスしている形になっており、そのお花があるのは、高速道路の真上ではないけれど、その脇の公園の上。

地上からは相当な高さがあります。


…そうか…


私は、それ以来、その道を通るたびにそのお花に目をやるようになりました。



どんな人だったんだろう?

何才くらい?

女性?男性?


そんなこと、自分には全然関係ないのに、どうしても考えずにはおれません。

夫にもこのことを言おうとしましたが、「そんなこと、考えても無駄だよ。」と言われ。


でも、この記事を書いていても、涙が浮かんできて、手が止まってしまいます。

どうしてだろう?



そして、今日、朝、なんとなくフェイスブックを見ていたのですが、友人が、知り合いのご親戚が自分で人生を終わらせる選択をされたと言う投稿をされていたのを見かけました。



そして、

「生きていればなんとかなるから、誰かに助けを求めて欲しい。」

と言うコメントも多く見かけました。



私は、いつもの黄色いお花のことが目に浮かびました。







オーストラリアでも、日本ほどは取り上げられないものの、年間、1万人に10人の割合で自殺者がいるそうです。


私の夫も鬱傾向があり、私もそのせいで散々泣いたのでわかるのですが、もし、自分が自殺したいほど追い込まれている時というのは、ただ単に気分が落ち込んでいるわけではなく、過剰なストレスでホルモンのバランスも崩れ、自分のことしか考えられず、思考も感情もコントロールができないのですよね。


一般的に言って、男性は女性の3倍もの自殺率です。


ああ、そうか、私が道路脇の黄色い花があんなに気にになるのは、自分の大切な男性たちを失うのが怖いからなんだ…


なくなってしまった方のパートナーや親の気持ちになってその花を見つめているからなんだ…




大切な主人や息子がもし自殺してしまったら???


私は、自分のことを責めて、責めて、責めまくるでしょう。





私がご提供しているマザーズコーチング講座、ただ単に、子供に言うことを聞かせるための声かけを教える講座と思っている方もいらっしゃるかもしれません。


確かに、子供の自主性ややる気を引き出すことができ、子育てが楽になる。

そんな面もあります。


でも、先日のコーチ勉強会でも、マザーズを受けてから何がどのように変わったのか?をシェアしていただいたとき、


・子供の言葉をもっとジャッジしないで受け取れるようになった。

・子供がチャレンジしたいということをやらせてあげられるようになった。

・常に子供の目を見て話すことを心がけるようにしていたら、子供が、辛いことや話したいことがあると、自分からお風呂の時間に話そうと言ってくるようになった。


といったご意見がありました。


そう、変わるのは子供ではなく、お母さんの方。


お母さんが自分のことを信頼することができ、

子供のことも信頼し、

安心感を与えるコミュニケーションをすることができるようになる。


子供も、それを感じ、受け取り、いつでも安心して寄りかかることのできる安全な場所があることで、さらにチャレンジしたり、つまづいたり傷ついたりしても、ぽきっとおれてしまわない心を育てることができるのです。


ご自分で命を絶ってしまわれた方は、本当に辛いお気持ちだったと思うのですが、誰か、一人でも自分が安心して心を開ける人がいれば、そのようにはならなかったのではと思います。


その方は、”本当の孤独”を見ていたのでしょう。


”一人”でいることと、”独りで頑張る”ことは全く別物なのです。


私がマザーズコーチとして活動している理由も、マザーズコーチングに 『子供を”独り”にしない』可能性を感じるからなのです。


いくら、”親が愛情を持って育てれば良い”、”子供の可能性を信じてあげれば子供は自分の個性を伸ばして育っていく”、と分かっていても、知らないうちに間違ったコミュニケーションの方法を日々繰り返していては、子供は成長するにつれて親から離れていくでしょう。



自分よりも大切な命

自分の命より大切な存在



それを失うことがないように、

そんな存在の未来のために、私は今でもコーチングを学んでいるのです。


あなたも、大切な人が悩んでいるときに手を差し伸べられる存在になりたいと思ったら、ぜひ、私と一緒にコーチングを学んでください。


そして、あなたが変わることで、子供たちの未来も、あなたの周りの大切な人も未来も、きっと変わっていきます。


【現在募集中の講座】

◆子育て中のコミュニケーションで悩んでいる方へ。子供の自己肯定感を高めるマザーズコーチング講座

◆子育てがひと段落。自分のやりたいことを見つけたいママのためのトラストコーチング講座

お問い合わせはこちらから


世界からいじめをなくすことを本気で考えた絵本、『鏡の中のぼく』。

この絵本の作者でマザーズコーチングスクールの代表でもある、馬場啓介さんの

作者講演会&絵本の動画上映会が、2018年7月29日(日)、 私の実家がある広島県東広島市にて行われます。

一人でも多くの方にご参加いただき、子供が”本当の孤独”を感じることのない世界を作っていくことについて、考えていただく機会になればいいと思っています。


お近くの方、ご友人やお知り合いが広島にいらっしゃる方も、ぜひ情報をシェアしていただければと思います。

Email: blankcanvasjp@gmail.com
Tel: +61 420 970 306
Melbourne, Australia 
  • White Facebook Icon
  • White Instagram Icon

© 2020 by Kaori Lockwood. Proudly created with Wix.com