• Kaori

コーチとして生きる。

#自尊心 #自己肯定感 #子育て #トラストコーチング #メルボルン #マザーズコーチング #コーチング #ロックウッド香織 



こんにちは。 ロックウッド香織です。


メルボルンで、海外移住、結婚や出産などのライフステージの変化に伴うモヤモヤをクリアにし、自信を持って自分らしい人生を送りたい女性のためのコーチングをしています。


という風に、今回改めて自己紹介をしたのは、 最近まで妊活ナビゲーターとして、妊活サポートもしていたのですが、 それを一旦手放すと決意したからです。


(その決意を書いたブログはこちらから読めます)


これからは、「香織さんって、妊活サポートしている人だよね。」ではなく、「女性が自信を持って輝いていけるためのコーチングをしている人ですよね。」と、言ってもらえるように、もっと、ちゃんと、コーチングをお届けして行きたいと思っています。



というのも、実は、最近まで、「自分はコーチです!」と、自信を持って言えない自分がいました。。。


はい。

よくそんな風に見えないよ!と言われますが、私は、なんだかいつも自分に自信がなくて、いくら人から「すごいね!」と言われても、「いやいや、自分なんてまだまだ、、、」と思ってしまうタイプでした。



コーチングは、スポーツやっている人やビジネスパーソンだけでなく、全ての方に知っていただきたいコミュニケーションのツールだということは、自分自身の経験からも、自信を持って言えるのに、自分がコーチであることは、なんとなく自信を持って言えない。。。



でも、まだ自分がコーチとして未熟だから、ということもあるかもしれないけれど(そう、自分がまた自分を否定しているよね。。。)そういうことが全ての原因ではないような気がします。

だって、クライアントさんと向き合う時は、今、自分自身ができる120%の力で対応させていただいているから。



現に、コーチングを受けてくださった方には、「受けてよかったです!」と言ってもらえるのに、「お仕事は何をされているのですか?」と聞かれると、「あ、基本は主婦なんです。主人の仕事を手伝っていて、あと、空いている時間でコーチングとかも。。。あ、ほとんど趣味の延長みたいなもんで。。。」みたいに答えてしまう自分がいました。



それで、「それってなんでだろう?」って思った時に、

やっぱり、行き着いたのは無意識に囚われている親からの呪縛。。。(出た!)



と言っても、親が意図してそうしたわけでなく、

私がそれを勝手に受け取って、動けなくなってしまっていることに、

心の奥底では気がついていたのだけど、なんとなく知らないふりをしていました。




2年ほど前、「コーチになる資格を取りに行く!」と帰国時に報告した時のこと。


「そんなに簡単に取れる資格なの?」 「ふーん、それって怪しく無いの?」 「コーチング、私も仕事場の研修で年に1回ぐらいあるけどね。。。」


そんな風に母に言われたことで、


大学や海外にまで行かせて、国家資格や国際資格を取ったのに、その仕事やめて、よくわかんない民間の資格で、怪しそうな事初めて、大丈夫なの?


と、

私の中にある「親の手がかからないように、波風立てないように」という長女アプリが起動し、勝手に母の言葉を頭の中で翻訳してしまった。


もちろん、母は心配してそう言ったのだということも、頭では分かるのです。

幾つになっても親は親として子供を心配するし、子供も、親を心配させたく無いって思っているんですよね。



でも、それが原因で、活動を始めてしばらくは、FBで講座の宣伝などを投稿する際も、「母に見られたら嫌だな。」とか、「こんなこと書いたら、またなんか言われる。。。」と思って、自分の思いや活動を積極的に発信できていない自分がいました。



ブログなら、母はその存在を知らないから大丈夫だろう、と、そちらには書いていたことも、やっぱり母の目が気になり、FBにリンクを貼ったりできなくて。。。



どんだけ後ろめたいの?!って感じですよね。苦笑



心の中では、



(怪しいと思われたく無い)

(うまくいっていると思われたい)

(忙しくなって家庭や他の仕事とのバランスが崩れると困る)



なんて思っているこんな私には、もちろん、クライアントさんがたくさんくるわけありませんよねー!!

だから、コーチになって1年くらいは、あまりコーチングを提供できていなかった。



でも、コーチングの勉強は好きで続けていたし、

1年前に妊活サポートを始めて、 自分の思いや情熱を誰かに率直に伝えるという経験をし、

言いにくいことでも、言ってみるとたくさんの友人や仲間が助けてくれるという事実や、

セルフコーチングをやってきたからこそ分かる、自分の正直な気づきをみなさんにシェアすることで、



「やっぱり、自分のエゴや不安から、こんな素晴らしいスキルをたくさんの人に届けられないなんて、逆にみんなに失礼だよね!!」



と思った次第です。



ここ2年ほど、いろんな方とお話しさせていただいた中で、本当に、コーチングをみんなが知ることで、自分の中で、自信がなくて今までできなかったことや、勇気がなくて声を大にして主張できなかったことを、行動に移せる人が増えることによって、この世の中に貢献できる人が、たくさん増えるんじゃないかな?って思っているんです。


もちろん、社会貢献とか、そんなおっきな言葉が大事なんじゃなくて、自分自身を大切に思えて、ありのままの自分を認めてあげることができることで、それが周りにいる大切な人の幸せにつながる、そんなことが、コーチングを身につけることで可能になる!って、結構本気で信じています。



そして、そんな私の変化を見てくれている友人&知人から、

最近、「香織さんから、コーチング受けたいです。」と言っていただく機会が増えています。



やっぱり、物事がなぜかうまくいかない原因って、自分、なんですね。。。




次回は、「コーチング」を、今まであまり知らなかったという方にも、もうちょっとわかりやすく、コーチングって何?何ができるの?を解説しようと思います。











Email: blankcanvasjp@gmail.com
Tel: +61 420 970 306
Melbourne, Australia 
  • White Facebook Icon
  • White Instagram Icon

© 2020 by Kaori Lockwood. Proudly created with Wix.com