• Kaori

ついに公開!クリエイティブライフ・セラピーの全容

Updated: Dec 1, 2019

#トラストコーチング #マザーズコーチング #パートナーシップコーチング #コーチング #オーストラリア #メルボルン #ロックウッド香織 #コミュニケーション能力 #自分と向き合う#周りの人を大切にできる #学びを生かす #自分いじめ #パッションの見つけ方 #人生の目的 #癒しの時間 #アートフルライフ #アート #クリエイティブ #自分時間 #セルフケア



こんにちは! アートとコーチングを通じて、

自分らしくワクワクする人生をクリエイトするお手伝いをしています。 ロックウッド香織です。





この講座を作るために、体験セッションを続けていた今月。

その方達のフィードバックも参考にしながら、やっと、

全貌を公開できるまでになりました〜!



私がここでいちいち内容を全部書かなくても、 HPの方に説明が書いていあるので、 内容に関して興味があるかたはそちらを読んでいただけるといいかな、と思います。



内容はこちらから↓

https://www.blankcanvas.jp/creative-life-therapy


もちろん、読んでみて質問があります!という場合は、 遠慮なく質問をしてくださいね!


ということで、 今日は、私がこのセラピーを作ろうと思ったきっかけについて、 ちょっとお話ししたいと思います。



私は、小さい頃から絵を描いたり、ものを作ったりすることが好きでした。

一番小さい頃の記憶は多分幼稚園の頃。

一生懸命、目がキラキラでひらひらドレスを着たお姫様を、

どれだけ可愛くかけるか?に挑戦していた記憶があります。

同じく幼稚園では、校庭に粘度がとれる地層がむき出しになっているところがあり、

そこで粘土をとって丸めては、砂でピッカピカにすることに日々励んでいた記憶も。



小さい頃は、祖父母と同居していたこともあり、

色々と器用だったおじいちゃんが、

習字、折り紙、お寿司の作り方、などなど、

いろんなことを教えてくれた記憶があります。



そのせいかはわかりませんが、私も小さい頃から色々器用にできる子でした。

自分で得意と思っていたわけではなく、

好きだから夢中でやっていたら、

先生に褒められたり、表彰状をもらったりする機会があって、

「あ、これは自分が得意なことなんだ。」と気がついた、という感じなんですけど。



学校では、英語や数学などの点数が悪いと、

塾に行ったほうがいいのじゃないか?とか、 親も色々と成績を上げるために心配や努力をすると思うんですが、

美術の成績が悪くても、多分あまり誰も気にしなくて、

「ま、うちの子はセンスないしね。」で終わらせているのではないでしょうか?



だから、多少のセンスと「大好き!」があった私は、

クラスの中で、努力しなくても美術は常にトップの成績。

そんなだから、中学でも、高校でも、

みんながどんどん、さらに英語や数学や物理など、

受験科目の成績に必死になっていって、

芸術系の科目は、「気を抜ける時間」「おまけ」みたいな感覚で取り組んでいる時も、結構真面目に、というか、楽しすぎてかなりのめり込んで毎回作品を作ったり、描いたりしていました。



そうしたら、高校の時の先生に、なんとなく、

「美大は受験するの?」って聞かれたんです。

自分が、絵を仕事にできるぐらい上手だとは思っていなかったので、

その時初めて、「絵を描いたりして仕事にできたら、どんな感じなのかな〜。」と、ぼんやり思ったんです。



幸か不幸か(?)私は、他の科目成績もトップクラスで、 (これはセンスではなく、真面目に取り組んだ努力の結果だと思っています。) 大学受験するならこのくらいのレベルの大学に入れるよ、とか、 国公立狙える、とか、そんな話しか耳にしていなかったので、

それ以外の選択肢、考えたことがありませんでした。



だから、親に、

「先生に美大に行くの?って聞かれたんだけど、どう思う?」って、

期待半分で聞いてみたんです。

そうしたら、親の答えは、

「美大に行かせられるほどのお金はない。それに、美大出て何するの?」という答えでした。



その時の私は、

美大を出た人が周りにあまりおらず、

画家になる?

学校の美術の先生になる?

くらいしか思いつかなかったんです、お恥ずかしながら。



うちの母親は、小さい頃に母親を亡くして貧しくて育ったし、

「女の子でも、手に職をつけて一生働ける仕事に就くのがいいよね。」というのが口癖でした。実際、母親も看護師として、国立病院を定年退職した今も、民間の老人介護施設で看護師として働いています。



だから、医学部レベルのお金出した割には、美大でても安定したリターンの大きい職業にはつけない、というイメージだったのだと思います。

今のように、デジタル化が進んでいない時代だったし、

デジタル系のアーティストがそんなに需要が増えるなんて思ってもみなかったと思うし。

(実は、うちの妹はデジタルの広告デザイナーです)



だから、あっさりと美大に行くなんていう選択肢を検討してみよう、なんて気持ちもどこかにしまいこんでしまいました。

長くなってきたので、続きはまた次回!



アートを通じて、心と人生のリハビリをする アートフルライフ・セラピー 先行登録予約者だけに、10%割引クーポンと 自宅で取り組める4週間のセルフケアカレンダーを特典としてご用意しております。

 ▶︎先行予約に登録する






▶︎急遽募集!『褒め方講座』を開催します! コーチング的なコミュニケーションを体験しながら、 『効果的な褒め方』について考えることができる講座です。

子供やパートナーとの関係に、また職場やどんな人間関係でも使える超実践的な「褒め方」講座を開催します。

「褒める」のがいいのは分かってるけど、 実は「効果的な褒め方」と「効果的でない褒め方」があることを知っている人はほぼいないでしょう。

もしかしたら、あなたも相手のやる気を奪う褒め方をしているかも…

年末にかけて、パーティーや忘年会で人と話す機会も増えるだろうし、クリスマス休暇に入ったら、家族や子供と過ごす時間もぐんと増えるはず。


なぜか、今、この講座が必要な人がたくさんいると感じたので、 12月を待たずに急募します。

年末までの開催は、 今のところこの2回のみの予定です。 ご都合が合う方は是非体験してみてね!

お申し込みはこちらから



<その他コーチング講座のご案内>


▶︎『自分自身の心との対話にコーチングを』  

本音の自分と深く向き合い、人生の目標設定をしませんか?仕事にも人間関係にも役立つコーチングの基本スキルを体系立てて学べる講座 【トラストコーチング】

https://trustcoachingschool.com/


▶︎『子供のクリエイティビティを潰さない関わりを学ぶ』  

子育てを通じて自分を見つめ直し、自分と子供の輝く可能性を信じることのできる力を育む講座 【マザーズコーチング】

https://www.blankcanvas.jp/motherscoaching


▶︎『大切な人を孤独にしないために』

絵本を通じて、「本当の自分」の気持ちに向き合う経験に触れる。 気軽に始められるコーチングを使った自分との対話の方法を学ぶ。

【親子でできるミラートーキング】

https://motherscoachingschool.com/mirrortalking/



▶︎日程調整のご相談&お問い合せはお気軽にどうぞ♡ 基本的には、月、火、木、金の9時〜15時までの開講になります。

ご相談&ご質問等は、お気軽にお問い合わせください。


もっと軽やかに、自分らしく。

自分も周りも大切にしながら理想の生き方を手に入れたいあなたへ




身も心も軽やかに♡

ビジュアルから思考まで、

自分らしいライフスタイルを手に入れるための

アートフルライフ・メールマガジン





My Style 創刊特別号


モノクロな日常に、彩と心のゆとりを取り戻せる 


【マインドフルプチアート&インテリア講座】

 











<こんな人にオススメです>

・アートなどのクリエイティブなことが好きだけど、いつも言い訳してできてない

・もっと日常にクリエイティブな時間を取り入れたいとおもっている

・アートは難しい&苦手、向いていないと思っているけど、なぜか諦めきれない

・好きなことをやりたいのに、時間がないと感じる

・趣味はお金や時間の無駄と言われてしまうし、そう思ったらできない自分がいる 

​・本当の自分のパッションを感じる時間を取り戻したい





アートフルライフ・コミュニティ

日常に、アートなワクワク時間を取り戻す


ちょっとした隙間時間にできるクラフトやアートのコツ、

知って楽しいアートの豆知識や子供と一緒にできるアート、 その他アーティストとの役にたつ対談まで 楽しくシェアしています





アートフルライフコーチ

ロックウッド香織



45 views
Email: blankcanvasjp@gmail.com
Tel: +61 420 970 306
Melbourne, Australia 
  • White Facebook Icon
  • White Instagram Icon

© 2020 by Kaori Lockwood. Proudly created with Wix.com